« 桜めぐり その2 | トップページ | 今季初黒星 »

2007年5月 3日 (木曜日)

東京タワーのロケ地を見学

昨日は、リリー・フランキー原作 オダギリジョー主演の映画

「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」のロケ地となった

旧細倉鉱山(宮城県栗原市鶯沢)の鉱山住宅跡を見学に行って

きました。

オイラ映画は見ていませんが、話の種に一回は見たいと思って

いたので、このタイミングしかないと思い、高速道を使い自宅から

約一時間でいき、ジーークリ見学をしてきました。

しかし、今でも有ったんですね、こういう住宅が・・・感心しまし

た!

懐かしくて、珍しいので、カメラのシャッターを何度もカシャッカシャッ!!

一杯撮っちゃいました!!

         

写真の中には、オカンの家もオトンの家もありますがわかります

か!?

Img_1868 Img_1871 Img_1895  Img_1877 Img_1883 Img_1886 Img_1889 Img_1894_1 Img_1890

   

   

   

               

オカンが勤めた居酒屋も写ってます。当時、焼き鳥一本10円

だったんですね!?

 

Img_1896 Img_1898 Img_1901 Img_1905 Img_1906 Img_1907 Img_1910c  

 

  

Img_1917 Img_1918 Img_1919_1 Img_1920 Img_1922 Img_1923 Img_1913 Img_1925c

    

   

   

   

   

                 

撮影場所が、この場所になった背景等説明文が載っています。

Img_1903c Img_1904c Img_1900 Img_1887   

 

  

  

しっかし、東京ではすっかり直っていた花粉症が、東北に帰って

きてからは、ぶり返しちゃって結構辛いです。ヘーーックション

 

|

« 桜めぐり その2 | トップページ | 今季初黒星 »

コメント

  
◇cowgeeさん

はい、オイラもこの映画をみたいとおもいます。ハンカチを何枚かもってね!!

投稿: 酔うさん | 2007年5月 3日 (木曜日) 午後 11時23分

  
◇パソ母さん

いまでは中々ない町並みはオイラも何故か懐かしい気持ちに
なりました。
昔のおもかげを少しでも残してもらいたいという想いは、
オイラだけでしょうか!?

投稿: 酔うさん | 2007年5月 3日 (木曜日) 午後 11時20分

  
◇まる(ふだん着)さん

喜んでいただいて光栄です。
実際、映画をみたまるさんにとっては、興奮するでしょうね!
オイラも今度みたいと思っています。

投稿: 酔うさん | 2007年5月 3日 (木曜日) 午後 11時15分

ボクも映画みました。炭鉱の景色がやけに懐かしかったです。物語もステキです。(ハンカチが必要です!)

投稿: cowgee | 2007年5月 3日 (木曜日) 午前 09時52分

映画観ましたよーーーー。
あっオカンの家、 オトンの家 わかります。 そのまんまだ!
映画の最後に撮影地 宮城県とあったので何で?と思っていました。
でも、 まだこういう町並みがあるんですね。懐かしいというか うれしいです^。^
あと 写真の入れ方ありがとうございました。

投稿: パソコンなれしてない母7 | 2007年5月 3日 (木曜日) 午前 08時36分

あーーーー!!
オカンの家!オトンの家!街並みが‥!!
コーフンしてしまう!!
写真を観ていると、オカンやボクが写っているような気がします!
こんな風景が実際に残っていたんですね!
監督さん、スタッフの皆さんが興奮するのもわかります!
なんか嬉しい!酔うさん、ありがとう!!!

投稿: まる(ふだん着) | 2007年5月 3日 (木曜日) 午前 07時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116470/14927445

この記事へのトラックバック一覧です: 東京タワーのロケ地を見学:

» 東京タワー(シネマ) [想い出のブリーフケース]
連休4日目、お天気が良くないから映画館へ行こう!「千円の日」とお休みが重なって、 [続きを読む]

受信: 2007年5月 3日 (木曜日) 午前 09時47分

» 『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』鑑賞! [☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!]
『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』鑑賞レビュー! オカン、ありがとうね。 200万部を超える大ベストセラー、ついに映画化 『ボクの一番大切な人。 ボクのために自分の人生を生きてくれた人── ボクのオカン。』 母と子、父と子、愛と友情、青春の屈託...。 あなたにどこか似ている普通の人へ。 陰影、優しさ、想いの深さをあまさずくみとる物語。 ☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ 昨年11月のドラマ版でも ... [続きを読む]

受信: 2007年5月 3日 (木曜日) 午前 10時39分

« 桜めぐり その2 | トップページ | 今季初黒星 »